医学部について






外道大学医学部は北斗神拳を医学のひとつとして活かそうと考え設立されました。

そのため、医学部の学生さんには北斗神拳を学んでいただきます。

医学部の教授であられるアミバ先生が
「時代が医学より暴力を必要としている」
との提案により、人間を木人形(デク)として人体実験を行い、
経絡秘孔を次々と発見し、
医学の究明に励んでおります。



現在、外道大学の病院では、最新設備の医療がそろっております。
ただ、せっかく病院に来てもらったので、入院させ、
たっぷりと実験に付き合ってもらいます。

実験に成功し、筋力がアップしたり、
敏捷性が上がった方も何人かいます。(大半は失敗)


外道大学の病院に入院すると退院できないという噂が流れ、
モルモット・・・いや、ゴフゴフ・・・
患者さんが一時減りましたが、

デク狩り隊という優秀な施設部隊を組織し、
街で少しでも咳をしたり、くしゃみをした人に
「大丈夫ですか?」
と優しく声をかけ、外道大学の病院に拉致案内します。



そして「入院が必要ですね」
と診断をして入院してもらいます。

そして手術です。
資金の問題から、高いメスや注射器が購入できなかったので、









カッターナイフと昆虫採集セットで代用します






ちなみに医学部では、いい医者を育てるとの見解より
手術は常に、入学したばかりの学生に任せます。

なんせ、手術なんて初めてという学生ばかりなのでよく失敗をしますが、







失敗は成功の母ですからね。




いっぱい失敗して偉大な医者になるように徹底的な教育方針です
街へ出ればたくさんの人がいますから、
10人や20人が消えたところで行方不明扱いになるでしょう。










戻る


広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー