磯野家とデスノート3

カツオ「割と簡単に決まったな」
リューク「デスノートの隠し場所か?」

カツオ「オレが常にノートを持ち歩いてもいいが、何かの表紙でノートに触れる奴がいないとも限らない。
   そこでだ。オレの勉強机ならどうだろう?」
リューク「引き出しにでも隠すのか?」
カツオ「いや、そうじゃない」

 そしてオレの指差したのは机の上

リューク「・・・・机の上か?」
カツオ「そうだ。堂々と机の上にノートを置く。これなら誰が見ても学校で使っているノートだと思うはずだ。」
リューク「・・・・・・デスノートを人間が持ったとき、その隠し場所に一番困ると聞いていたが、
     ここまで適当なのはカツオ。たぶんお前が初めてだ」


「ただいまです〜〜〜」

カツオ「・・・・・ッ!?  タラオ? バカな・・・・あいつはデスノートに名前を書かれ死んだはず・・・」
リューク「ルールでな。デスノートに名前を書かれて死ぬのは、他人に名前を書かれた場合のみだ。
    タラオのように自分の名前を自分でデスノートに書き込んだ場合は死なない」
カツオ「し、しかし、確かにタラオは心臓発作で倒れた・・・・」
リューク「自分で自分の名前を書いた場合、心臓発作は起きるが死には至らない。」
カツオ「・・・・なるほど。」

 
翌日、学校へ行ったオレ。この間、自宅の勉強机の上にあったデスノートは大丈夫だろうか・・・などまるで心配せず、
放課後も中島たちと野球に夢中になっていた。しかしそれが間違えだった・・・・



カツオ「な、ないっ!!机の上に置いていた2冊のデスノートのうち1冊がなくなっている!!」
リューク「やはりなくなっているな」
カツオ「ば、ばかな。一体誰が?」

慌てて居間に向かうオレ。今、この家にいるのは姉さん、ワカメ、タラオ、タマの3人と1匹。
オレのノートを持っているのはこの中の誰かのはず・・・

カツオ「ワ、ワカメ。オレの机の上にあったノートを知らないか?」
ワカメ「ノート?知らないわよ」
カツオ「そ、そうか。・・・・・あ、タラちゃん。オレの机の上にあったノート知らないか?」

タラオ「それなら僕が今持ってるですぅ〜〜」
カツオ「な、なんだってーー!?」
タラオ「それより、カツオお兄ちゃんの横にいる人は誰ですか?」
リューク「オレか?オレは死神リューク」
タラオ「死神さんですか。よろしくですぅ。」

カツオ「タ、タラちゃん。早くノートを返すんだ。とても大切なものなんだよ」
タラオ「大切?学校のお勉強にでも使うんですか?」
カツオ「バカ、違うよ。このノートに名前を書かれた人間は死ぬんだ。どうだ。すごいだろ」
タラオ「すごいですぅー」
リューク「・・・・だが、お前みたいな小さな子供が文字を書けるのか?」
タラオ「もちろん書けるですぅ〜〜」
リューク「試しに書いてみな」

 磯野波平

波平「ヴぇjfぱいpふぁpf!!!」

プルルルル・・・・

ワカメ「大変よ。今電話で父さんが心臓発作で死んだって・・・」

タラオ「デスノートはすごいですぅー」
カツオ「な?すごいだろ。」


タラオ「デスノートすごすぎですぅ〜。ついでにほかのみんなの名前も書いてみるですぅ〜」

  磯野フネ
  フグ田マスオ
  フグ田サザエ
  磯野ワカメ
  タマ

フネ「wふぁおふぇあjふぉ」
マスオ「ふぇjわおfjわお」
サザエ「ふぇjわおfjわおふぇjをあ」
ワカメ「ふぇわおfじゃおff」
タマ「ふぇをいfjわおいf」

タラオ「すごいですー。」
カツオ「はっはっはー。どうだい。面白いだろ。それにしてもタラちゃん結構鬼畜だねえ」
タラオ「それほどでもないですぅ〜〜あっはっは。」






戻る

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー